2014年02月01日

犬の手作り食が続かない原因とは!?




犬の 手作り食 が続かない方は・・・


頑張りすぎ な方なのです。



ドッグフードの変わりに手作り食を作ろうとしていませんか!?



DSCF4438.JPG




私もそうなのですが、


犬の食事はドッグフードのみ。


人が食べるものを犬が食べたら病気になる

思い込んでいた世代!?なので・・・




手作り食を始めた当初は、



ドッグフードのように1回の食事で

すべての栄養バランスが摂れるようにと作っていました。



なるべく1度に多くの食材を入れないといけない

思い込んでいたのです。



休日はいろんな食材を買い込んで、細かく刻んで、炒める。


2週間分ぐらいの食事を作り溜めしていました。


ほぼ半日仕事で、ぐったりしていました。



DSCF4467.JPG





手作り食の勉強をするうちに、

頑張らなくていいことを学びました。




ドッグフードは一生同じものを食べ続ける

という前提で作られているため、

適度な栄養バランスが必要なのです。




手作り食は日々食材が入れ替わる為、


2週間ぐらいでなんとなくバランスが摂れてたらOKなんです。



仮に手作り食で何かが不足して症状が出ても、

気付いた時点で加えれば元に戻ります




私たちが炭水化物だけの日や外食の日があっても

体調が毎回変化しませんよね!?



ちょっとの事では変化しない体の機能が備わっているんです。



毎日栄養バランスが整っていなくても問題無いんです。





写真は本日の犬ごはんです。


休日なので、いつもより食材多めです♪”


平日はも〜っと手間抜きしてます。


時間がない日は野菜1品+ごはん+納豆とか。。。





皆さんももっと気軽に犬ごはんを作ってみてください☆



ニックネーム かのん at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

「ペット食育士2級認定」頂きました!




先日、ペット食育協会(APNA)主催のペット食育士2級認定講座を受講しました。


無事、試験合格しまして、


「ペット食育士2級認定」をいただきました!



手作り食のこと、ペットフードのこと、犬猫の体の仕組み、栄養学の基礎などなど…

正しい、偏りのない知識を学ぶことができました。



今まで何となく分かっていた事も、

間違っていなかったんだ!と再認識できました。




ネットやTVの情報は、情報発信者の都合や立場により、

どうしても偏った情報となっていることが少なくありません。



基礎を学ぶことで、

溢れる情報に振り回されないようになりたいですね!




2級講座の目的は、


健康な子が健康な状態を維持するための基本的な考え方

・手作り食についての正しい知識

・ペットフードについての正しい知識

・両方知った上で、自分で選べる様になるための情報

・栄養バランスを取る上で重要な栄養素の知識

・成長期、老齢期、何を食べるべきなのか?

・ペットフードのラベルの正しい見方

・ペットフードの成分をどんな食材で置き換えたらいいのか?

・犬と猫の栄養要求量を学び、
 「食事の量と食材の割合はどう決めたらいい?」などの疑問に自信を持つ

(APNAのHPより抜粋)



我が子の食事に自信を持つ事です!!!


皆さんも、自信をもって食事を用意してくださいね☆



犬の食事は添加物とか気を付けてるくせに・・・

自分食事は添加物たっぷり入ってそうなスイーツとか

大好きな私です(^^A”””




ニックネーム かのん at 11:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 食事・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

美味しい食餌とは!?



doru.JPG



ご訪問頂き、ありがとうございます。


最近、動物・人ともに急な体調不良や腰痛の方が増えているようです。


季節的なものも影響していると思われますので・・・

皆様、ご自愛ください。



健康を維持するために食事は大切です。



だからと言って、食べ物が病気を生み出しているわけではありません



確かに、食中毒も中にはありますが、


食べ物による体調不良はとっても少ないんです。




動物が体調を崩した時、多くの飼い主さんは


「昨日の○○が原因かも!?」


と思われるようです。



「このペットフードが悪いのかも!?」


と銘柄を変えてみたり。。。




考えてみてください。


あなたが体調を崩した時、「食べ物が悪かったかも!?」

と思いますか!?


風邪などの原因が、食べ物だと思いますか!?



「何か(感染などを)もらったかな〜!?」

って思いませんか!?




動物たちも同じです。



ほとんどの体調不良の原因は『感染』など、

私たちが防げない事がほとんどです。



なので、あなたが落ち込まないで下さいね。



そして、たまたま前日食べたものが「悪い」と決めつけないでください。



毎日食べていて何ともないものが、急にダメになるなんてこともありません。


(日本人に米が食べれない方がほとんどいないように。)





自信をもってあなたのライフステージにあった食餌を

用意してあげてください。


自信をもって、「召し上がれ〜!」って食べでもらうのが何より大事です。


これがどんな味付けにも増して、美味しさを惹きたてます♪


(自信なさげに出されたレストランの料理って
美味しそうに感じないですよね!?)



動物たちは私たちが思っている以上に、

飼い主の気持ちに敏感です。


不安の少ない生活を送る事が大切だと実感しています。





ニックネーム かのん at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月14日

食器がヌルヌル



kanon.JPG




かのん も どる も・・・

最近、食器がヌルヌルし始めました(涙)


もちろん、私が歯磨きをさぼっていたからです。。。

口臭も少し。。。


忙しくて・・・(言い訳…)




今朝から再開したら、サラサラに戻りました(ほッ)♪



唾液がヌルヌルしている状態は、悪い菌が活動しやすい状態みたいです。



悪い菌が増えるだけならいいのですが・・・


口の中で増殖した菌が、

血液を介して心臓に到達し、心臓病などの原因になることもあるそうです。




食器のヌルヌルは、危険サインです!!!




是非、病気の予防の為に、口内ケアを取り入れて頂きたいのですが、


皮膚病・腎臓病・肝臓病・心臓病など慢性疾患がある子には

治療を補助するためにも、オススメです。





やはり、やればやっただけの結果はあります。


もちろん、やらなかったらそれだけのリスクはあります。



長く続けられる方法で試してみてください。



私も今日から再開します!


(何度も宣言しながら、何度も断念してしまう私ですが。。。)



ニックネーム かのん at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

健康への近道とは!?



P1250545.jpg



動物が体調を崩した時、回復への近道は何でしょう!?


お薬でも、サプリメントでもありません。



食べない事!」です。


P1250590.jpg



食べ物の消化には、多くのエネルギーを使う事をご存じでしょうか?

消化体力を消耗してしまうのです。


消化に使うエネルギーを抑える事で、

治癒にエネルギーを回す事ができます。




食べさせない事は可哀想ですか!?



では、誰が可哀想なのでしょう!?



食べる事で、病気が長引く事は可哀想ではありませんか!?



ペットの動物たちは自ら食事の用意をしません。


あなたが我慢するだけです。



食べないと体力が落ちる!って考えも落とし穴です。


病気が長引く方が、もっと体力を消耗して長引く原因になりませんか?




ただ、脱水には注意が必要です。


絶食しても、水分は飲ませて下さいね!


ウチは週に1日絶食する、プチ断食をしています。

食事の代わりにスープをあげているので、大きな不満は無いみたいです。


P1250551.jpg



健康維持にも、ぜひ取り入れていただきたいのですが、


慢性疾患がある子には、特にオススメします!



簡単で安上がりに、健康な体作りをしてみませんか!?



ニックネーム かのん at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

免疫力って何!?




72602_213853268756579_1950882101_n.jpg



免疫力ってなんでしょう!?


免疫ってなんでしょう!?


さて、正しく答えられる方がいるでしょうか?


482535_213853282089911_1446249656_n.jpg



ある医学書の抜粋ですが、

免疫とは・・・体内に侵入した病原体を排除し、病気の発症を免れるはたらき


つまり、体に入ってきた病原体を排除する事で、病気を防ぐはたらきの事ですよね。



病原体を排除する時に働くのが、白血球です。

白血球が働くと、症状が出ます。


ってことは、病原体を排除症状出す


免疫 = 症状を出す


になりますね!




最近、私も咳・くしゃみ・鼻水が止まりません。


こんな時、咳き止め・総合風邪薬などもちろん使ってないですよね!?



先ほどの免疫とは・・・で書いてますが、

症状を出す事で、病気を防いでいるのです。


症状が出るということは、白血球が活動した結果です。



ということは、白血球が活動しなければならないような事態

体内で起こっている事になります。



ということは、病原体を排除して、

病気になるのを防ごうとしてくれているのです。



症状だけを安易に止めてしまったら・・・病気にならないですか!?

もちろん、原因を除去を併用する場合は別です。



免疫力は正常なのに・・・免疫の邪魔をしてませんか!?



※今の時期は重篤な状態になりやすいです。
様子をみて手遅れになる前に、かかりつけ先生にご相談ください。


ニックネーム かのん at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨーグルトの正しい食べ方!?




226506_216187958523110_1606774471_n.jpg



ヨーグルトってどんなタイミングで食べていますか!?


ほとんどの方がそんなの意識した事ないですよね。

私も、デザートだから食後♪”って感じでした。


ヨーグルトに含まれる善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌)は胃酸に弱いのだそうです。



この話を聞いて、

『食前』『食後』『食時と一緒』いつが良いと思われましたか!?



実は、食前(空腹時)が良いそうです!


P1250620.JPG




最後に食べた方が、胃酸が薄まってるから良いのでは?

と思われた方もいるかもしれませんね。


胃は食べたものから順番に、になって積み重なっていくそうです。


食べた順に消化されるので、食後や食事と一緒だと、
胃酸でもみくちゃにされてしまうのです。



逆に、

食前なら、胃酸の影響を受けないんです。


水分やヨーグルトのようなとろっとしたものは、

胃をそのまま通過できるのだそうです。


なので、胃酸の影響を受けずに通過できるのが、空腹時なのです。



これだけで、腸内環境が変化して、

便の状態が改善したり、臭いが減ったりする子もいるそうです。



なので、乳酸菌などのサプリメントも同様に、

空腹時の方が、効果を発揮できると思われます。



ウチの子達・・・

たまたま、朝起きたらヨーグルトって習慣でした。

なので、早起きなんです。。。^^;



ニックネーム かのん at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

健康ちぇっく


image.jpg

(Before)



みなさん、毎日の【健康チェック】でどんな事してますか!?


「食欲」や「便」の状態はチェックしてます!
って方が多いと思います。


食欲や便の状態より大切なチェック場所がありますが、
どこだと思いますか!?


実は【尿(おしっこ)】の状態のチェックがとても大切なのです。


image.jpg

(After)



「食欲」は確かに元気の指標にはなります。

ただ、動物たちは本能的に具合が悪い時は身体を休ませた方
治りが早い事を知っているのです。

食べ物の消化は多くの体力を消耗しますから。。。
消化に体力を使うより、治癒に体力を使いたいですよね!?



「便」も確かに1つの指標です。

ただ、便は体内で不要なものをただ出しているだけです。

口から肛門までのパイプで繋がっているだけなので、
消化管以外の臓器の影響を受けません。


image.jpg



一方、【尿】の作られ方をご存じでしょうか?


「腸」で吸収された「栄養素」が血流に乗って、
全身の細胞に届けられます。

細胞は栄養素を利用しますが、「老廃物」も生まれます。
老廃物は血液に乗って、「腎臓」に届けられます。

「腎臓」は老廃物を尿に溶かして排出します。


      血液に乗って  
[栄養素] 腸 ⇒ 全身 ⇒ 細胞 ⇒ 栄養を利用
                 ⇒ [老廃物] ⇒ 腎臓 ⇒ 尿



尿は全身を巡った後の、『最終処分』の場所なのです。


身体の中で不調があれば、【尿】に変化がみられる事が
なんとなくお分かり頂けましたか!?


では、どのように気を付けているでしょう!?


』と『臭い』です。


薄〜い黄色がベストです。
できる限り透明に近づけたいですね。。。


臭いは犬によっても多少異なりますが、
ツンとする臭いがしない方がいいですね。


色が濃い、または臭いがキツい場合、【水分不足】が考えられます。


乾燥した食事のみの子によく見られます。

もともと食事から水分を摂取していたので、
水をたくさん飲む動物ではありません。

できれば、食事に水分を追加したり、
スープを作ったりして、水分摂取量を増やすことをオススメします。


自然に飲むのではなく、飲ませて下さい!


ウチは手作り食+味噌汁+葛湯です♪“



水分不足」で老廃物の【排泄不良】となり、
“病気の原因”となる事もあります。


この時期気になる、『黄砂や大気汚染』も【排泄】がスムーズになれば、
入っても出しやすい身体になれるのです。

(排泄できる身体でも、処理能力を超える感染がある場合は、
かかりつけの病院で原因除去をしてもらってくださいね。)


高いサプリメントを試す前に、
水分摂取量を今の2〜3倍にしてみませんか!?

まずは1か月試してみてください。

「排泄不良」があれば、「プチ症状」が出たのちに、
解決へ向かうはずです。


とっても安上がりに【健康な体】を取り戻してください^^




ニックネーム かのん at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

悩んでも変わらないなら・・・



P1250618.JPG
 


動物たちが病気の宣告をさせると、

私たち飼い主たちは、この世の終わりのようなどん底へ突き落される。


昨日と何も変わらに日常なのに・・・。



こんな時、動物たちを見てほしい。


を恐れているだろうか!?

過去を後悔しているだろうか!?


きっと、そんな子はいないと思う。



」を必死に生きているのが分かりますか!?

」をしんでいるのがわかりますか!?



悩んでいるとすれば・・・

「ママは何で怖い顔をしてるんだろう?」

「ママは何で泣いているんだろう?」

「ママは何でボクの事で悩んでいるんだろう?」

と飼い主の行動の変化に戸惑っているかもしれません。


自分が病気になったとき、

周りの身内の方から「大丈夫?大丈夫?生きてる?」
っと細々とチェックされたらどうですか!?

1日中、暗〜い雰囲気の中で生活するなんて耐えられないですよね!?



の長さなんて、誰にも決めることなんてできません。


明日かもしれないし、1週間後かもしれないし、1年後かもしれない。

誰にも分かりません。



だからこそ、「」を大事にしてほしいです。


旅立ちの時、「ありがとう。楽しかったね」

感謝で送り出せるように。



今、悩んでる時間がもったいないです。

悩んでも、何も変わらない。

なら、楽しんだ方がいいと思いませんか!?




ニックネーム かのん at 17:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 食事・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

歯磨きしてますか?



image.jpg



皆さん、犬の歯磨きってしてますか???


私・・・最近、と〜ってもサボってました。。。


今年こそ!

っと思って年初めから3週間ぐらい続いてたんですが、

いろいろと忙しくて(言い訳…)またサボり気味。。。



病気の予防には、歯磨き(口内ケア)がとっても大事です!!!


歯周病から全身病となるケースが、人も動物も多いそうです。


口の中で増殖した菌が、血液を介して心臓に到着して、

心臓病などの原因になることもあるそうです。


血液のフィルター役の腎臓に届き、腎臓病の原因に

なることもあります。


口内ケアを行うことで、その他の症状が改善するケースも

少なくないそうです。


原因不明だった症状がかいぜんするかもしれません。。。


皆さんも、今日から始めてみませんか!?




ニックネーム かのん at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

イチゴが危険!?と思いますか?



こんにちは。
皆さん、ご無沙汰しています。


【イチゴを犬に食べさせたことある!】
って方、多いですよね!?


最近ネットで・・・

「イチゴはキシリトールが含まれているから危険です!」

って記事が出回っていますが、
その時、どう思いましたか??


「今で食べさせたのは大丈夫だったのか?」とか、
「もうあげない!」
って思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。


私なら、
『今まで食べて何ともないんだから、
今までの量なら問題ないんだろうな〜』っと判断します。


分かりやすい記事があったので紹介します!


ただ、最後まで読んで、正しく解釈してくださいね。
たまに、冒頭だけ読んで、
イチゴは危険です!って思われるので。。。


コチラ↓
http://www.susaki.com/column/index.html


「キシリトールが量によって有害」ってのは事実。

「イチゴやレタスにキシリトールが含まれている」これも事実。

ただ・・・

「イチゴやレタスが危険」というのは言い過ぎです。

自然の食べ物には、ごく微量なキシリトールしか
含まれていません。

中毒を起こすほどの量は、
きっと食べきれないと思われます。。。


皆さんの不安が少しでも解消されると嬉しいです♪”

P1180180.jpg


そういえば以前、イチゴの手作りケーキ作りました♪”


ウチの経済事情では・・・
中毒になる量のイチゴを犬たちにおっそ分けなんてできませ〜ん(笑)”



ニックネーム かのん at 09:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 食事・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

血圧の上昇!?



20121103210645129.jpg




病院で薬を処方された時、


その薬がどんな薬なのか!?


なぜ、その薬が必要なのか!?


確認されていますか!?



獣医さんに全てお任せ!

って方も多いと思います。



その子の状態を知るためにも、

是非、「疑問」をもって欲しいのです。



例えば・・・


心雑音があり、

「血圧を下げる薬」を処方された場合。


(ココで注意! 心雑音=心臓病 ではありません。)



「なぜ血圧が高いといけないのですか?」

っと疑問に思いませんか?


「なぜ血圧が高くなっているのですか?」

っと疑問に思いませんか?


心雑音があると血圧が上がる事があります。

血液の逆流がある場合、心雑音が聞こえる場合があります。


(ココでも注意! 逆流=心臓病 ではありません。)


「なぜ、心雑音が出ているのですか?」


「なぜ、逆流があるのですか?」


ここで、「遺伝」とか「体質」って言葉を言われたら、

ちょっと疑って下さいね。



症状には必ず「原因」がありますから、

上記の可能性は極めて低いです。


こんな言葉が出てきたら、ごまかされたと思って下さいね。

「遺伝」とか「体質」の病気はほとんど無いと思っています。

奇形は別ですが。。。

軽々しく使う言葉ではありません。



その時点で分からなければ、「分かりません」

って言える獣医さんって、信頼できる先生です。



もちろん、「原因」をさぐれる獣医さんに出会えることが

ベストなのですが。。。


血圧が下がると、症状は改善する場合があります。

ただ、症状を抑えているだけで、

「原因」はそのままですから、治っているわけではありません。


今の状態をキープしているだけです。


「原因」は個々で異なります。

心雑音の原因は○○ってマニュアルはありません。


ぜひ、「原因」を取り除いてもらって下さいね。



心臓を例に挙げましたが、

どんな薬でも、なぜその薬を飲むのか!?

「疑問」をもってみて下さいね!



ニックネーム かのん at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

免疫力を高めたいですか!?

22789_163978387077401_2120491318_n.jpg



今日は、みんなでドッグランへ行ってきました!

暑くもなく、寒くもない気候で過ごしやすかったです。

ワンたちもいつもに増して走り回ってました♪



病気にならない為に『免疫力を高めたい!

と思っている方って多いですよね!?


免疫力が低いから病気になるのでしょうか?


もちろん、免疫力が低くて病気になるケースもあります。


ただ、免疫力は十分に働いているけど、

敵(感染など)が多すぎて、間に合わないケースもあります。


私は、後者の方が圧倒的に多いように思います。


免疫力を上げたい』と思いながら、

免疫力を下げることをしていませんか???


続きを読む
ニックネーム かのん at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

水を飲んで病気になる!?



20121031210214aaa.jpg




『水を飲みすぎると病気になる!』

と思い込まれてる方って結構いらっしゃいますよね。



「水を大量に飲むと体に負担がかかります」

という文面もよく見かけます。



では、

水をどのぐらい飲んだら、

どこどのように負担がかかるのでしょうか?


負担がかかったら、ダメですか!?



続きを読む
ニックネーム かのん at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

消化酵素の不足!?



20120821215822614.jpg



「消化酵素が生まれつき少ない」


と診断を受け、


消化酵素を一生飲み続けないといけない。


って子が最近多いですよね!?



その子達が、子犬の頃に診断されたのなら分かるのですが、

2,3歳になってから診断を受けるケースが少なくありません。



2〜3年間、消化酵素を摂取しなくても、

こんなに大きくなれたのに、

今さら、生まれつき少ないって・・・!?



確かに「今」の時点では、消化酵素が不足していて、

消化酵素剤を飲むと調子がいいんです。



ただ、本当に生まれつきなのでしょうか!?


続きを読む
ニックネーム かのん at 12:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 食事・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生肉の疑問



20120821215739c91.jpg



犬の食事について、

「何が正しいのか分からない!」

って声をよく耳にします。



ネット上には、さまざまな情報がゴロゴロとしていますからねぇ。

いろんな情報見て不安になられる方は、

「知る」事で解決できますよ!


昨日に引き続き、生食でなくてもよい理由について、

書いていこうと思います。


ここでも言っておきますが、


生肉が好きな子、飼い主さんが苦痛を感じないのであれば、

そのままでOKなのですよ!


生肉を与えたいのに食べてくれない。

経済的にちょっと。

生ものに抵抗がある。


上記のように、生肉を与えたいけど与えていない事で

悩まれている方へお伝えしたいのです。


別の選択肢もあるのでは!?

ってことを。



・もともと犬は生肉を食べていたので、生肉がよいのでは!?

・加熱すると消化に悪い!?

・犬には犬用のお肉が必要!?

・タンパク過多になる!?

・生食の子に加熱食はダメ!?

・同じお肉を続けるとアレルギーになる!?


こんな疑問で悩んでいませんか!?


続きを読む
ニックネーム かのん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

生肉が苦手!?



2012082121573818b.jpg



生肉は体によい!』


という情報があります。



「なぜだか分からないけど、よいならあげてみよう。」

と思われる方も少なくありません。



ただ、生肉を食べない子、苦手な子もいます。



そんな時、体にいいから・・・

と無理に与えている方も少なからずいらっしゃいます。




私は、『加熱してもいいのでは!?』

と思うのですが。。。




毎日、美味しくない・・・

って食生活って嫌じゃないですか!?



生肉を否定するつもりは全くありません。



あくまで、食べてくれない・・・って悩まれている方、

与えたけど経済的に・・・って方、

どうも生食に抵抗がある・・・って方へのメッセージです。



私は、生でも、加熱でも、フードでも、

その子や飼い主さんのライフスタイルに合った食べ方でOKだと思います。


続きを読む
ニックネーム かのん at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

死について考える!?



Desert.jpg



今日耳にした格言

自分の命が永遠であるかの如く生きよ。
そして今日、死を迎えてよいかの如く生きよ。』




この言葉、皆さんならどのようにとらえますか!?


私たち人間も、動物たちも、「死」は避けられません。



明日訪れるかもしれません。

1年後かもしれません。

10年後かもしれません。

50年後かもしれません。

・・・・・・


死が訪れない生き物は存在しません。



『死亡率100%なのです。』



突然の事故かもしれません。

突然の病気かもしれません。

闘病の末かもしれません。

長寿かもしれません。


必ず訪れるけど、いつ訪れるかは誰にも分かりません。


死に順番なんてありません。



『今』を精一杯生きることの大切さを感じる言葉です。




動物とのお別れもいつ訪れるか分かりません。

その時がやってきたら「絶望」に陥る方も多いです。


そんなお別れ、お互いに寂しいと思いませんか!?


『魂』を信じる信じないは人それぞれだと思います。


ただ、『死生観』を変えることで、心穏やかにお見送りが
できるなら、その方がお互い幸せではありませんか!?


死=すべての終わり・断絶


だと思うから、絶望が続いてしまうのではないでしょうか。


死が訪れると関わり方は変わるかもしれません。

ただ、「心の絆は変わらない」あるいは強化されて続いていきます。


このように考えた方が、お互いに『幸せ』を感じませんか!?



臨死体験をされた方のお話によると、

死の世界は「安らぎと心地よい世界」なんだそうです。



「死」というイメージは、

今の社会では、とても怖いもの・恐ろしいものだと

感じてしまいますが、



死生観を少し変えて、健全に過ごせるなら、

方向転換も必要ではないでしょうか。




いつお別れの時を迎えても、

愛と感謝でお別れができるように、

「今日、死を迎えてよいかの如く生きよ」

について、考えてみてはいかがでしょうか!?







ニックネーム かのん at 00:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 食事・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

後悔



動物が病気になった時、
死を迎えた時、

【後悔】している方が多いですよね。


もっと早くに気づいていたら・・・

別の選択肢があったのでは・・・

もっと好きな事をさせてあげればよかった・・・


いろんな後悔をされています。



あなたは、目の前で苦しんでいる子を放置したんでは無いですよね!?

見て見ぬ振りをしていたんでは無いですよね!?

病気が見つかってから、
その時点で出来る選択をしましたよね!?

愛情を持って接してきましたよね!?


その子の為にも、考え方を変えて見ませんか!?



私も先住犬のラブ を病気で亡くしました。

きっと今の私なら、あの時点では、ラブを亡くしていなかったと思います。


でも、後悔はしていません。


あの時点で出来る事はやりました。


ラブが病気をもって学ばせてくれることがありました。


ラブが死をもって学ばせてくれることがありました。


あの経験があるから、

今、もっと学びたいと思えるのだと考えます。


ラブとのお別れのタイミングが違っていれば、

どる との出会いはありませんでした。


どる を通して知り合った方とのご縁はありませんでした。


人生、いろいろとタイミングがあります。

そして、繋がっています。


どこが欠けても、今のあなたは存在しません。


きっと、たくさんの後悔はあると思います。

これから、どうするか!?

後悔をどう向上させていくかが大事だと思います。


動物達は、今を生きています。


私たちも、「今」を大事にしてみませんか!?
ニックネーム かのん at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

命と向き合う



【命】について考えた事はありますか!?


命には「生」があり「死」があります。


「死」は必ず訪れます。


そして多くの場合、ペットを見送る時がやってきます。


命の価値観は人それぞれ違うかも知れません。


多くの方が「長く一緒にいたい」と願っていると思います。


ただ・・・時間が全てではありません。


時間より、内容が大事だと私は思います。



その子の人生が、どれだけ充実していたか!?


その子があなたの所へ来た、本当の理由が果たせたか!?


天命・使命が全うできたか!?



動物たちは、死を恐れていません。


今を生きています。


私たちは、その子の「今」と向き合う事が大事だと思います。



その子が病気になるなると、
あなたは辛いかもしれません。


死を受け入れる事は辛いかもしれません。



病気になる事で、あなたに伝えたい事があります。


死によって、あなたに伝えたいことがあります。


どんな時でも、その子を受け入れてあげて下さい。



旅立ちの時を、

【愛】と【感謝】で迎えたい。

と私は思います。
ニックネーム かのん at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする