2012年11月18日

血圧の上昇!?



20121103210645129.jpg




病院で薬を処方された時、


その薬がどんな薬なのか!?


なぜ、その薬が必要なのか!?


確認されていますか!?



獣医さんに全てお任せ!

って方も多いと思います。



その子の状態を知るためにも、

是非、「疑問」をもって欲しいのです。



例えば・・・


心雑音があり、

「血圧を下げる薬」を処方された場合。


(ココで注意! 心雑音=心臓病 ではありません。)



「なぜ血圧が高いといけないのですか?」

っと疑問に思いませんか?


「なぜ血圧が高くなっているのですか?」

っと疑問に思いませんか?


心雑音があると血圧が上がる事があります。

血液の逆流がある場合、心雑音が聞こえる場合があります。


(ココでも注意! 逆流=心臓病 ではありません。)


「なぜ、心雑音が出ているのですか?」


「なぜ、逆流があるのですか?」


ここで、「遺伝」とか「体質」って言葉を言われたら、

ちょっと疑って下さいね。



症状には必ず「原因」がありますから、

上記の可能性は極めて低いです。


こんな言葉が出てきたら、ごまかされたと思って下さいね。

「遺伝」とか「体質」の病気はほとんど無いと思っています。

奇形は別ですが。。。

軽々しく使う言葉ではありません。



その時点で分からなければ、「分かりません」

って言える獣医さんって、信頼できる先生です。



もちろん、「原因」をさぐれる獣医さんに出会えることが

ベストなのですが。。。


血圧が下がると、症状は改善する場合があります。

ただ、症状を抑えているだけで、

「原因」はそのままですから、治っているわけではありません。


今の状態をキープしているだけです。


「原因」は個々で異なります。

心雑音の原因は○○ってマニュアルはありません。


ぜひ、「原因」を取り除いてもらって下さいね。



心臓を例に挙げましたが、

どんな薬でも、なぜその薬を飲むのか!?

「疑問」をもってみて下さいね!



ニックネーム かのん at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3336707

この記事へのトラックバック