2012年11月02日

消化酵素の不足!?



20120821215822614.jpg



「消化酵素が生まれつき少ない」


と診断を受け、


消化酵素を一生飲み続けないといけない。


って子が最近多いですよね!?



その子達が、子犬の頃に診断されたのなら分かるのですが、

2,3歳になってから診断を受けるケースが少なくありません。



2〜3年間、消化酵素を摂取しなくても、

こんなに大きくなれたのに、

今さら、生まれつき少ないって・・・!?



確かに「今」の時点では、消化酵素が不足していて、

消化酵素剤を飲むと調子がいいんです。



ただ、本当に生まれつきなのでしょうか!?




生まれつき」と診断されると、

ブリーダーさんへ、苦情を言われる方が少なくありません。

私は、「遺伝」とか「体質」って言葉は、

獣医の逃げ道だと思っています。


結果には必ず原因があります。


原因追究もせずに、安易に「遺伝・体質」で片づけて

しまう今のシステムに疑問を感じます。


それで何も困らないのであれば問題ないのですが、

その獣医の安易な一言のせいで攻められる立場の方々もいるのです。





ちょっと脱線してしまいましたが・・・


膵臓から消化酵素が十分で出ない。


膵臓に何らかのトラブルがある可能性はないでしょうか?



なんらかの問題があり、消化酵素が十分に作れないだけなら、

問題を解決できれば、

消化酵素を一生飲み続けなくてもいいのではないでしょうか?


一度、原因を追究できる獣医さんに診てもらうと

いいかもしれませんね!


ニックネーム かのん at 12:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 食事・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここ最近の記事にイイネ♪をいっぱい押したいです!
Posted by めめ at 2012年11月05日 09:04
★めめさん★
ありがとうございます♪
気まぐれ更新ですが・・・
ご訪問、嬉しいですo(^▽^)o
Posted by かの姉 at 2012年11月06日 12:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3323671

この記事へのトラックバック