2012年11月02日

生肉の疑問



20120821215739c91.jpg



犬の食事について、

「何が正しいのか分からない!」

って声をよく耳にします。



ネット上には、さまざまな情報がゴロゴロとしていますからねぇ。

いろんな情報見て不安になられる方は、

「知る」事で解決できますよ!


昨日に引き続き、生食でなくてもよい理由について、

書いていこうと思います。


ここでも言っておきますが、


生肉が好きな子、飼い主さんが苦痛を感じないのであれば、

そのままでOKなのですよ!


生肉を与えたいのに食べてくれない。

経済的にちょっと。

生ものに抵抗がある。


上記のように、生肉を与えたいけど与えていない事で

悩まれている方へお伝えしたいのです。


別の選択肢もあるのでは!?

ってことを。



・もともと犬は生肉を食べていたので、生肉がよいのでは!?

・加熱すると消化に悪い!?

・犬には犬用のお肉が必要!?

・タンパク過多になる!?

・生食の子に加熱食はダメ!?

・同じお肉を続けるとアレルギーになる!?


こんな疑問で悩んでいませんか!?


【もともと犬は生肉を食べていたので、生肉がよいのでは!?】


確かに、大昔では狩りをして、生の肉を食べていたかもしれません。

ただ、人と生活をするようになり残飯のおこぼれを食べ初めて、
加熱食も食べるようになりました。

雑食性の犬たちは、適応できる力があります。

適応できるなら、生食にこだわらなくてもよいのではないでしょうか?



【加熱すると消化に悪い!?】


こんな話を科学者さんに言うと、目が点になるかもしれませんね。


タンパク質を分解する実験をする際、

分解しやすいように「加熱」されるんです。


ってことは、加熱した方が消化にいいはずですよね?



【犬には犬用のお肉が必要】


まず、質問です。

「犬用の肉って、どんな肉ですか?」


飼育段階で、これは犬用に飼料を配合した鳥とか、

この豚は犬用だから、人間は食べたらいけません。


こんな事、農家の方々はされていませんよね!?


という事は、「犬用」のお肉をわざわざ取り寄せなくても、

私たちと同じようにスーパーのお肉でもいいと思いませんか?


生食の方って、

鹿・ダック・ラム・ウサギ・ウマなどなど与える方が多いのですが、

経済的に・・・って思われる方も少なくありません。


このような話は欧米から持ち帰った話で、

向こうではポピュラーな手に入りやすい食材ってだけな気もします。


私は、めずらしいお肉にこだわらなくてもいいのでは?と思います。

自分と同じ食材の方が、安心ですし。。。



【タンパク過多になる!?】


タンパク質って、脂質や糖質へ体で変換できますよね^^

って事は、タンパク食べ過ぎても害にはなりませんよね!?


タンパク食べたら太るとかなら、

減らせばいいだけですし。。。



【生食の子に加熱食はダメ!?】


私たちは、刺身も煮魚も食べますよね!?


なら、生の日があっても、加熱食の日があっても

いいのではないでしょうか?



【同じお肉を続けるとアレルギーになる!?】


同じものを食べ続けるとアレルギーになるのなら、

アリクイはアリアレルギー、

パンダは笹アレルギーになるのでしょうか!?


無理してローテイションを考えなくてもよいのではないでしょうか?



こんな感じで、いろいろと間違って伝わっている情報が

少なくありません。


少しでも不安解決の糸口になれば幸いです。




ニックネーム かのん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3323499

この記事へのトラックバック