2013年06月28日

川まであと1歩・・・




IMG_6094.jpg




IMG_7741.jpg




IMG_2335.jpg




IMG_7818.jpg





ニックネーム かのん at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

川を背景に撮りたいのに・・・




IMG_4670.jpg




IMG_2290.jpg




IMG_5584.jpg




IMG_1007.jpg




常にカメラ目線の、どる。。。


常に川目線の、かのん。。。。。




ニックネーム かのん at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

殺処分ゼロ!?





動物の「殺処分ゼロ」を目指して活動されている団体が多く存在します。


現状、何もできていない私からすれば、頭の下がる思いです。



IMG_6731.jpg




では、なぜ「殺処分ゼロ」が目指されているのでしょうか!?


それは、多くの動物たちが日々、殺処分をされ続けている現状があるからです。




そして、殺処分される子達の多くが、

元の飼い主からここへ連れてこられているのです。


を絶つために、連れてくる人々がいるって、怖い世の中です。



もちろん!?放置も問題となっています。


自ら連れて行く訳でもなく、責任転化



人間のエゴで多くの命が失われているのです。





一番簡単な解決策


それは『最後まで責任をもって飼う』ことなんです。




すべての人が、最後まで飼うことができれば、


殺処分は無くなります。




この簡単なことができない人々が存在している、


悲しい現実なのです。




その為には、安易に飼わないこと。


最後まで責任をもって飼えるかどうか判断した上で決断して欲しいのです。




今の日本の現状は、


ペットショップでの衝動買いができる環境にあります。



飼うときが簡単なら、捨てる時も簡単に。




私の理想は、ブリーダーが飼い主を判断して譲渡できる環境です。


(今の日本では、まだまだ難しい現状・・・)




私は、「殺処分ゼロ」ではなく、


捨てる人ゼロ」になって欲しいのです。




今の私にできること、


ウチの子達を「責任をもって飼う」こと。


ペットショップでの衝動買いはしないこと。




小さいことしかできませんが、1人1人の心がけが大事だと思います。


尊い命を大切にできる、心豊かな国に戻って欲しいですね。




本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。




ニックネーム かのん at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

川を満喫

昨日は、今季初の川遊びをしてきました!



もちろん、一番喜んでたのは・・・


1012126_258323334309572_2064306480_n.jpg



かのん。



いつまでも泳ぎ続ける。。。




どるもちょこっと泳いだけど、



私の足元にいるので、写真が撮れない(汗)


1004588_258323454309560_1175154740_n.jpg




やっぱり、陸がいいみたい^^


7313_258323407642898_288920958_n.jpg





この時期は、水が汚いので、帰って久しぶりのシャンプー。



暑くなると、早朝しかこれなくなるな〜。



ニックネーム かのん at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

新しい出会い!?




新しい家族を迎え入れる前に、ぜひ考えて欲しい事、


「自分は、この子を家族として迎えようとしているのか!?


ってこと。




998764_255925367882702_876620516_n.jpg




出会いはさまざまで、いつその時が訪れるか分からない。



だけど、自分よがりな、その時の感情だけで、


簡単に決断しないで欲しい。




を預かるのだから。




ただ、可哀想だから・・・と、


可哀想な子として迎え入れないでください。




優越感を抱くための道具にしないでください。




いろんな境遇の子がいます。


どんな子も、新しい家族である事には変わりありません。



どうか、その子として尊重して欲しいのです。




出会い』は素晴らしいものです。


私も、ウチの子達と出会わなかった人生は想像できないぐらいです。




ぜひ、その出会いを大切にして欲しいと思います。




ニックネーム かのん at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

受け入れること



受け入れたい」けど・・・

って経験ありませんか!?



受け入れたいこと

あなたにとってはどんな悩みでしょうか!?



IMG_1926.jpg

(換毛期でパピーのようなスムースに。。。)




きっと、人それぞれ違いますよね!?



多くの方は、現実で起きていることが受け入れたくないような事態なんですよね。



頭では理解しているつもりだけど、

心が受け入れきれない。



それが「病」であったり「旅立ち」であったり、

私のような「行方不明」であったり・・・

今のあなたにとって辛い現実なのだと思います。



ただ、「受け入れること」とは、


諦めることではありません。


その子を忘れることでもありません。


罪悪感を抱くことではありません。




その子と一緒に羽ばたくことです



あなたが現実を「受け入れること」ができた時、

その子はあなたの一部となるのです。



あなたの中にいる「その子」を感じてみてください




あなたが「受け入れてくれること」を待っていますよ。




いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます。



ニックネーム かのん at 12:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする