2013年04月15日

出会いは運命!?




asahi.jpg






ミルは私の為に、ウチの子になってくれました。



ミルは家で生まれた子です。



今の私なら、絶対していない選択。


十数年前、当時は全く知識のない我が家、

「子供を産んだ方が、病気にならない」というデマを信じていました。


先代のラブから産まれた10頭の中の1頭がミルです。



家には子犬を残さない予定でした。


もし残す選択をしていても、黒ラブの女の子を予定したと思います。



では、なぜミルがウチに残ったのでしょう!?



実は、小さな病気をしたんです。

生後1か月弱頃、おへそ辺りに膿が溜まりました。


簡単な処置で、すぐに元気になったんですが、

当時の我が家は、この子は病弱だから残そうと言う選択になりました。



その後14年間、病院のお世話になる事はない健康児でしたが。。。^^



と言う事で、我が家にミルが残る事になりました。




今思うと・・・


私の元へ残る為にとってくれた行動だったのだと思います。


私を見守る為に。


そして、私に学びをもたらす為に。




今思うと、ミルは大好きだった祖父のような存在でした。




私たちが動物を選んでいるようで、実は選ばれているのかもしれません。



皆さんは、不思議な出会いありませんか!?





ニックネーム かのん at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする